CSS Nite in Ginza, Vol.35:Fireworks特集

2009年5月21日に開催予定のCSS Nite in Ginza, Vol.35はFireworks特集です。

  • Fireworksのパワーユーザーのためではなく、Fireworksの裾野を広げる、という感じの方向性です。
  • なお、4月4日に開催したCSS Nite in Ginza, Vol.33でのFireworksセッションの内容と若干かぶりますのでご注意ください。

事前登録を行っていただくと、スムーズにご入場いただけます。

私がPhotoshopじゃなくてFireworksを使う17の理由

ライバル製品であったマクロメディアのFireworksとアドビのPhotoshop/ImageReadyですが、CS3/CS4のリリースにより統廃合、および、ポジショニングの再構築が行われました。

単なるパーツ、カンプ作りでなく、ワイヤーフレーム制作やインタラクティブ・プロトタイプの制作など、FireworksにはPhotoshopにないWeb専用アプリならではの持ち味があります。

次の方にオススメのセッションです。

  • 「Fireworksがいいって聞くけど具体的なところを知りたい」というPhotoshopユーザー
  • Fireworksを使っているけど、あまり使いこなしていないかも、という方

写真:鷹野雅弘(たかの・まさひろ)鷹野雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチ

Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。テクニカルライターとして10冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。

2005 年からCSSNiteを主宰。

著書に『できるクリエーターDreamweaver独習ナビ』(インプレス)、『Illustrator CS2 完全制覇パーフェクト』(翔泳社)
共著に『Dreamweaverプロフェッショナル・スタイル[CS3 対応]』(毎日コミュニケーションズ)
編著書に『1ランク上の技を身につけるFlashの強化書』(毎日コミュニケーションズ)、『Movable Typeプロフェッショナル・スタイル』(毎日コミュニケーションズ)

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中