CSS Nite LP, Disk 20:Webデザイン行く年来る年(Shift5)フォローアップ(1)『我々が知る世界の終り(けど大丈夫)』(長谷川 恭久さん)

111210_shift5_0078.jpg

2011年12月10日(土) に開催したCSS Nite LP, Disk 20:Webデザイン行く年来る年(Shift5)のフォローアップとして長谷川 恭久さんの『我々が知る世界の終り(けど大丈夫)』のスライド、音声などを公開します。

フォローアップメッセージ

基調講演を担当した長谷川です。 まだ、Shift 5 の余韻が残っている方もいるのではないでしょうか。Webサイト制作を軸にして様々な角度から語られる Shift の後は、今後どうしようか、何を勉強しようか考えさせされますね。

「Webサイト制作の終焉」というテーマで話した今回の基調講演。しかし、注視して欲しいところが 2 点あります。

第一点目として(小さく吹き出しにもなっていた)『従来の』制作の仕方が終焉になること。コンテンツを後回しにする制作プロセス、箱を装飾しつづけるだけしか提供出来なかった自分たちの価値・・・こうしたWebサイト制作は終焉すると考えています。本当に Web サイト制作が必要になるときに、Webプロフェッショナルが関わることの意味と価値が問われる時代になるでしょう。

第二点目として作る仕事がなくなるという意味でないということ。講演の終盤の内容は、コーディネートやマネージメントなど、コミュニケーション力が問われる・・・というふうに解釈出来ますが、それだけではありません。Webに最適化されたコンテンツを考えていくということは、マークアップが今まで以上に重要になるでしょうし、イラストや映像をやっている人はWebサイトの装飾ではなく、コンテンツそのものになる可能性があります。仕事が減るのではなく、仕事の幅は広く深くなるのではないかと予測しています。

基調講演で扱った内容は、来年もセミナーや執筆を通して情報発信をしていくのでお楽しみに。

Webデザインの現在・今後を扱った記事をよく執筆しています。今回のセッションと関連した記事は以下のとおり。長いのが多いですが、年末年始の空いた時間にぜひ読んでみてください。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中