Shift10:Webデザイン行く年来る年 フォローアップ(1)基調講演

2016年12月17日(土)ソラシティホールで開催したShift10:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP50)のフォローアップとして、『基調講演:20年、Webと付き合って分かったこと』セッションのスライドなどを公開します。

メッセージ、補足

基調講演を担当した長谷川です。

当日は長丁場おつかれさまでした。
始めて参加した方、久しぶりに参加した方もいらっしゃると思いますが、Shift はいかがだったでしょうか?

「作り続けて世に出す」ということ。これはとてもシンプルなメッセージですが、実践するのは簡単ではありません。ソーシャルメディアで同業者に役に立つ情報を発信するのも「コンテンツを作る」ことですから、それも合わせると、私はほぼ毎日、数回に渡ってやっていることになります。そこまでやる必要はないですが、作り続けることは生半可ではできないことだと思います。また、世に出したところで人が見てくれるとは限りません。ブログを書いたことがある方は知っていると思いますが、最初は 2 桁見に来てくれたらラッキーなわけです。なかなか見てもらえないから諦める方もいると思います。けど、それでも続けているから読んでもらえることもあるでしょうし、読者が増えなかったとしても、自分のライティングスキルが上がるのは間違いありません。

昨年になりますが、「#sticky50」という付箋紙に毎日何か描くというプロジェクトをしました。お盆を跨いで実施したのでサボってしまうタイミングが所々にありました。それでも続けることで、わずか 50 枚でも自分の絵に変化が見られましたし、同業者だけでなく、自分とは少し離れた存在の方と接点を持つこともできました。「続ける」は言うのは簡単です。けど、実行するのはとても難しいわけです。けど、実行できる人にだけ味わえる結果は必ずあります。

手を動かすことでしかスキルアップができない職ですから、ぜひこれからも作ることを挑戦し続けてください。応援しています!

もし何かメッセージ、質問がある方はソーシャルメディアで声かけてください。必ず返信します。
https://www.facebook.com/yhassy
https://twitter.com/yhassy

余談になりますが、iPad でプレゼンしていたときに使ったアプリは「Procreate」と言います。
Twitterで公開したスライドの動画も Procreate にある書き出し機能で作りました。
https://twitter.com/yhassy/status/810002793649950720

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

CSS Nite in OSAKA, Vol.43「Reboot Dreamweaver」

3月に都内で好評のうちに終了したCSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」の大阪版を5月13日に開催します。