Shift10:Webデザイン行く年来る年 フォローアップ(9)クロージング

2016年12月17日(土)ソラシティホールで開催したShift10:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP50)のフォローアップとして、『クロージング:2017年に向けた個人メモ〜デジタル・コミュニケーション・デザインに於いて心に留めてること〜』セッションのスライドなどを公開します。

メッセージ、補足

クロージング・セッションを担当した中川です。

当日は長丁場おつかれさまでした。
セッションでも述べましたがwebデザインも「成長期」から「成熟期」に入ってきています。
そして、ユーザーも同様にweb慣れしてきている割合も多くなってきてると思います。

いまいちど、人と人のコミュニケーションという視点にもどり、
Webにおける有効手段など来年は更に検討してみましょう。

下記、セッション中に事例としてあげた参考URLとなります。

高度だけど、ちょっとしたテクニック

余白の余地をもったグローバル・デジタル “デザイン”

旅館サイトにおける、効果、フィールド音のもたらす情緒感の比較

2017年、より良いWebデザインを製作、ユーザーへ提供するために…. プラスαの「目に見えないデザイン」を積極的に意識しましょう!!
ありがとうございました。

株式会社アンティー・ファクトリー
http://www.un-t.com
中川 直樹

『こんなプロジェクトはいやだ!』をいいね!にするカイゼン(2月27日[水])

栄前田 勝太郎さん(リズムタイプ)を講師に迎え、問題発見・解決のためのメソッドを伝え体験してもらい、それを持ち帰って自分の職場(プロジェクト/チーム)で実践できるようにする講義+ワークショップです。

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション