mixiコミュニティ

CSS Niteのmixiコミュニティに入りませんか?

mixiへの招待が必要な方はcssnite@gmail.comまでご連絡ください。

『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』

画像:『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』表紙CSS Niteビギナーズの連動書籍として企画。

現在のCSSを体系的に学ぶことができる実用的な書籍です。発行から8ヶ月で8刷(7回の増刷)になりました。

CSS Nite LP, Disk 8(LP8)

「Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映」をテーマに、 2010年1月9日、ベルサール神田にて開催予定。

CSS Nite LP, Disk 8

2009年11月のアップルストア銀座でのマンスリー版は、MT4LP5(2008年4月)LP6(2009年6月)に続く、CMS特集です。

概要

イベント名 CSS Nite in Ginza, Vol.41
日時 2009年11月19日(木)19:0018:30〜20:00
会場 アップルストア銀座 3Fシアター
東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
出演者 bingo!CMS
RCMS
concrete5 
主催 CSS Nite実行委員会
協力 カゴヤ・ジャパン、 awesome! クリエイターズショップ
Web検定、Multi-Bits、 デジタルスケープ
毎日コミュニケーションズ、 優クリエイト
定員 180名(うち椅子席は84席)
参加費 無料
事前登録 事前登録されると優先入場が可能です。
事前登録なしでもご参加いただけます。
その他 アフターパーティ(実費)を開催します。
twitterタグ #cssniteginza41

タイムテーブル

  • 2009年11月18日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。
  • タイムテーブルはあくまでも目安であり、当日の流れによって、調整しながら進行します。
時刻 進行
18:10 開場
18:30 開演/オープニング
18:40 bingo!CMS
19:05 RCMS
19:30 concrete5
20:00 終了

終了後の懇親会(アフターパーティ)には、別途、お申し込みが必要です。人数に限りがありますので、お早めにご表明ください。

参加費とお申し込み

参加費は無料です。事前登録いただくと確実にご入場いただけます。

事前登録は終了しました。当日枠は30-40人分くらいです。

  • 現在、mixiのコミュニティ内で参加表明を受け付けています。
  • mixiで参加表明いただいた方には、事前登録を、少し早めにご案内いたします。
  • 「mixiでの参加表明」(=仮)と「事前登録」(=正式)は異なります。
  • 確実にご入場されたい方は、mixiにて参加表明の上、忘れずに事前登録をお願いします。
  • 事前登録に関するエントリーもご一読ください。当日のご入場の枠(30席程度)もあります。

セッション概要と出演者プロフィール

bingo! CMS

bingo! CMS

『bingo!CMS』は株式会社アイ・ティー・ディーが様々な企業に個々に開発したCMSの技術や経験を生かし、Web制作会社様向けに企画・開発した低価格CMSです。

主な特徴

  • 中小規模のサイトをターゲットにしたシンプルな構造のCMS
  • HTMLタグ、独自タグ、PHPは不要
  • 約80種のデザイン・テンプレート(仕様を公開、修正可)
  • ブラウザでプレビューしながら即編集
  • ページの段組が簡単
  • タイトル、画像、テキストやフォームなどのパーツをドラッグ&ドロップで自由に配置
  • XHTML+CSS準拠
  • SEO対策が簡単設定
  • 納品後の顧客によるページ更新も簡単でデザイン崩れがない
  • 機能拡張性が高く、オリジナル機能の実装も可能(仕様を公開)

オープンソース版『bingo!CMS Core』もダウンロードできます。

bingo! CMSについて詳しく

RCMS

RCMS

4,000サイト以上に利用されている国産の高性能CMSです。
わかりやすい管理画面とブログからアンケート、承認フロー、多言語対応など100以上のモジュールが用意されており、様々なご要望に応えることができます。また、常にバージョンアップが行われております。無料版もありますので、是非、お試しください。

RCMSについて詳しく

concrete5

concrete5

concrete5 は、AJAXを駆使した直感的な操作方法が売りの、アメリカ生まれの新しい無料オープンソースCMSです。2003年に商用ソフトとしてリリースされ、去年オープンソース化されました。日本語版はオープンソースグループのUsagi Projectが行っています。

コンテンツは、全てブロックという単位で行われ、テキストブロック、画像ブロック等を積み上げて構成して行きます。ページの編集は、管理画面を介さず、直接ページで行うことができます。サイト運営者は、最小限の知識でサイト更新が可能です。

そして、グループ権限管理機能や編集履歴管理機能を搭載し、グループでサイト運営をするのに適しています。

また、デザイン会社が開発したCMSであるため、テーマ作成の際、3行のphpコードを入れるだけで、編集領域の指定が完了。HTML + CSS の知識があれば、さまざまなレイアウトが1つのサイトで可能になります。

また開発プラットフォームもアップグレードがしやすい構造になっており、拡張プラグインの開発も簡単に行える様になっています。

concrete5について詳しく

関連情報

最新エントリー

お問い合わせ

ご不明点やお気づきの点がありましたらこちらのフォームからお知らせください。


このページの上部に戻る