概要

イベント名 CSS Nite in KOFU, Vol.1
日時 2012年7月21日(土)12:50-16:50
(時間は変更の可能性があります)
会場 甲府商工会議所 2階 会議室 201
出演者 ・小石 明(デジタル・プランニング)
・原 一浩(Greative)
・神森 勉(KDDI ウェブコミュニケーションズ)
・鷹野雅弘(スイッチ)
・江尻 俊章(環)
主催 CSS Nite実行委員会
共催 CSS Nite in KOFU実行委員会
協賛 グローバルデザイン株式会社
一般社団法人ウェブ解析士協会
クラウド型ビジネスチャットツール チャットワーク (ChatWork)
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
有限会社PIC
株式会社SPC
特別協力 株式会社アームス
株式会社NTTPCコミュニケーションズ
協力 サイボウズ
Designer's Garage
プレゼント協賛 毎日コミュニケーションズawesome! クリエイターズショップ
定員 60名
参加費 2,500円(PayPalでの事前決済)
3,000円(当日払い)
1,500円(当日払い、学割)
その他 アフターパーティ(実費)を開催します。
Twitterタグ #cssnite_kofu1
備考2 会場の駐車場には限りがあります。

セッション概要と出演者プロフィール

講演内容は、予告なく変更になる可能性があります。プロフィールは、本セミナーイベント開催時のものです。

Webデザイントレンド半期決算

CSS Niteで毎年続けているWebデザイントレンドレポートも今年で6年目。

本セッションは「トレンドとは最先端ではない、時代に最適化されつつある現象である」をキーワードに、毎年定点観測しているグローバル500社、上場企業3700社、地方自治体1700サイトのキャプチャアーカイブから見えてくる潮流や、ライフワークとして行っている海外サイトのリサーチ結果から主にサイトのビジュアル、ユーザーインターフェースの表現のトレンドを抽出して紹介していきます。

前半はここ数年のWebデザイントレンドより今につながる流れを中心にピックアップしてデザイントレンドの流れを把握した上で、後半にて今年起きたデザイントレンドの変化を半期決算という形でまとめます。

Webサイトのデザインに関わる人はもちろん、ディレクションに関わる方やWeb担当者の方にも、オススメのセッションです。

写真:原さん原 一浩(はら・かずひろ)

Greative代表

1998年に独立し、Webデザイン事務所を開業。同年、ウェブデザイン専門のメールメディア DesignWedgeの発行を開始。Webデザイン業務の傍ら、海外のWebデザインに関する情報発信および、研究、開発を行う。

雑誌への寄稿多数。主な著書に、『プロセスオブウェブデザイン』、『FFmpegで作る動画共有サイト』、『ウェブデザインコーディネートカタログ』など多数。

Greative代表。Web検定の委員も勤める。趣味は開発合宿とスノーボード。

Webサイト制作の納品時のワークフロー改善と品質管理

Webサイト制作をしていて、つい見過ごされがちなのが、納品や運用時における一連のファイル管理とワークフロー。

普段は本番環境からファイルをダウンロードし、ローカルで制作し、テスト環境でクライアント確認を行い、本番環境にファイルをアップするフローを飛び越えて、ローカルにあったファイルで制作し、本番環境にファイルをアップしてしまったため、古い情報が掲載されてしまったなんて経験ありませんか?
そんなとき、本来問題なく納品完了しているはずが、クライアントの対応を行い、そこに想定していなかった時間がかかってしまった経験ありませんか?

Webサイトは、クライアントにとってはお客さまとコミュニケーションを行うための重要なものとなっている今、どんなにビジュアルデザインがすばらしいサイトでも、どんなに仕様に従ったコードが書かれていても、間違ったものがアップされるというのは問題です。成果物としての品質が良かったとしても、実際に公開されているものが間違っていれば、それは品質として問題があります。

このセッションでは、Webサイトの制作後の納品時におけるワークフローとそこに潜んでいる問題をひもときながら、どういった形でその問題を解決できるのか?品質管理を行うことが出来るのかを、サーバーツールSmartReleseの使用を例に紹介したいと思います。

Webサイト制作に携わっている方すべての人と、企業のWeb担当者の方にも聞いていただきたいセッションです。

神森 勉(かみもり・つとむ)

株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ
SMB事業本部 デザイン部GM

商社営業マンからDTPオペレーターを経て、1997年よりWeb制作に携わる。2000年9月グローバルデザインへマークアップエンジニアとして入社。 2004年に上京し、制作会社にてディレクター、制作部マネージャーを勤める。2002年頃よりアクセシビリティへの取り組みを始め、クライアントサイト の実装、コンサルティング経験を持つ。同時期、Web Creators、Web Designingの連載や、単著、共著などの執筆活動、CSS NiteやAdobeイベント講師などの講師業も行う。

2011年 KDDI ウェブコミュニケーションズに入社。デザイン部GMとして、CPI、CloudCore、boundioのデザインコンセプトの責任者としてブランド戦略およびWebサイト戦略に携わっている。

今知っとかないと!Webデザイナーのための
「Webマーケティング」基礎セミナー

Webデザインスキルの価値をクライアントにどう伝えるか・・・
いまは誰でもカンタンにWebが作れ、制作単価はどんどん下がっています。
地方は特にWebの価値を認められにくいのです。だから、ちゃんと自分たちの価値を伝えられるようになりましょう!

自分たちの価値を伝えるには、Webマーケティングの知識が必要です。
Webマーケティングの基礎はウェブ解析です。
Webが生み出す数字を収益にひも付けることができます。

  • 今さら聞けないWeb解析が必要なわけ
  • データはとるだけじゃダメ!活かしてこそ!解析データの活かし方
  • 競合サイト分析などウェブマーケティング解析ツールからみえるものって?
  • 顧客の収益につながるサイト改善計画の立て方

など、今回はWeb解析を軸に、Webマーケティングを使ってWeb業者がどうやってクライアントに価値を提供するのか一緒に考えます。私の出す「課題」をお隣の方と一緒に考えて解決してください。

Webデザイナーだけではなく、Web業界の経営者や企業のウェブ担当者にとってもお役に立つはずです。

江尻 俊章(えじり・としあき)

株式会社 環

1973年福島県いわき市生まれ
小学1年生の頃、中小企業の経営者だった父が脳卒中で倒れてから、地方の中小企業が生き残るビジネスモデルを模索し始める。

2000年東京にて株式会社環を創業。業界ではもっとも早い時期からウェブ解析に着目し、ウェブ解析を軸にしたコンサルティングを行っている。

2009年、日本ウェブデザイナーズ協会 理事就任。2010年、過去の経験をもとにウェブ解析士のカリキュラムを作り、地域・中小企業活性化の一助にしようと2011年 2月にいわき市にGoogleを招き、いわき市役所とウェブマーケティングセミナーを開催した。翌月震災。2月に縁のできたいわき市の状況をソーシャルメディアで把握し、ネット上での支援活動を行った。3月からたびたび現地に行き、物資支援やボランティア活動をしている。

異なる画面サイズに対応するレスポンシブWebデザインのエッセンス

Web制作に関わる方なら誰でも知っているW3C。このサイトを開いてウィンドウサイズを小さくすると、480ピクセルを境にガラっとレイアウトが変わります。このように、ウィンドウサイズに応じてレイアウトを変える手法を「レスポンシブWebデザイン」と呼びます。

スマホ向けのサイト対応のひとつの手法として注目されているレスポンシブWebデザインですが、PC向けのコンテンツを流用しただけでは「スマホ最適化」ではなく、あくまでも「スマホ対応」にすぎません。
その一方、異なるサイズの端末があふれている状況において、「リキッドレイアウト」が思い起こされる流動グリッドと画像の可変などの「レスポンシブWebデザイン」のアプローチは、スマホ向けのコンテンツを制作する上でおさえておきたいスキルです。
このセッションでは、レスポンシブWebデザインのエッセンスにフォーカスします。

写真:鷹野雅弘(たかの・まさひろ)鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

株式会社スイッチ

Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。テクニカルライターとして20冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。
2005年からCSS Niteを主宰。

主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術』(共著、技術評論社)、『効率的なサイト制作のためのDreamweaverの教科書(CS5.5対応版)』(共著、マイナビ)、企画編集を行った書籍に『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(マイナビ)など。

企画・設計時のアプローチと、提案時(プレゼン時)のコツ

山梨県という地方都市に拠点を置きながら、日産自動車、旭硝子、タイムズ24、大塚製薬、日立システムズといった大手企業のWeb案件・コンセプトワークを手掛けてきた弊社。

多くの案件が、他社と競合するコンペでの受注であり、創業以来プレゼンの勝率は8割を超えます。

その競争力をもたらす優位性は、コスト競争力でもクリエイティブ力でもなく、『企画力』と『説得力』であると考えています。

その前提に立ち、企画時に大切なことは何か、提案時に大切なことは何か。

「誰の立場に立って考えるか」
「どこにゴールを設定するか」
「相手の『納得』を得るには」
「大切なのは受注すること?」


といった項目を挙げて、実務の中で培ったノウハウを紹介します。

小石 明(こいし・あきら)

株式会社デジタル・プランニング
クリエイティブディレクター

1969年甲府市生まれ。国立音楽大学卒業。
不動産会社 営業職、建設会社 技術職を経て2001年 甲府市にて創業。現在12期目。

企業理念は「考える」。
スタッフは現在6人ですべて女性。

業界での経験を持たずに創業したことや、全てを自分で決めたいという性格のせいもあって右往左往したが、「何となくイメージしていたチームになってきたかも……」とここ1、2年感じている。

最近興味があるテーマは、「新しいECサイト」「デジタルサイネージ」「三方よし」。

好きな言葉は「武士は食わねど高楊枝」。
趣味は「飲酒」と「子育て」。

タイムテーブル

2012年7月20日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。

  • タイムテーブルはあくまでも目安であり、当日の流れによって、調整しながら進行します。
開始 ステージ 出演者
12:25 開場  
12:50 オープニング  
13:00 Webデザイントレンド半期決算 原 一浩
(Greative)
13:45 Webサイト制作の
納品時のワークフロー改善と品質管理
神森 勉
(KDDI ウェブコミュニケーションズ)
14:35 今知っとかないと!
Webデザイナーのための
「Webマーケティング」基礎セミナー
江尻 俊章
(環)
15:25 異なる画面サイズに対応する
レスポンシブWebデザインのエッセンス
鷹野雅弘
(スイッチ)
16:00 企画・設計時のアプローチと、
提案時(プレゼン時)のコツ
小石 明
(デジタル・プランニング)
16:40 エンディング  
16:45 終了  
17:00 懇親会  

参加費とお申し込み

CSS Nite in KOFU, Vol.1は有料のイベントです。
また、ご参加いただくには参加登録が必要です。
参加受付は終了しました。

お知らせ

現在、PayPal決済でトラブルが発生しており、参加申込時に、PayPal決済を選択いただけません。とりあえず、当日決済を選択してください。PayPal決済が可能になった時点でお知らせします。なお、開催までに復旧しなかった場合には、当日払いにてお願いします。その場合、PayPal事前決済による割引は無効です。 PayPal決済、復活しました(7月10日12時)。

参加費

  • 2,500円(PayPalでの事前決済)
  • 3,000円(当日払い)
  • 1,500円(当日払い)学割

学割は、中高大学生、専門学校生、職業訓練中に適用されます。

開催の背景

CSS Niteについて

2005年10月、アップルストア銀座にてマンスリーイベントとしてスタート。当初は文字通り「CSS」にフォーカスしていたが、現在は“Web 制作者にとって有益であろうトピック”を広く扱っている。

名古屋、大阪、青森、福岡、沖縄、秋田、札幌、福井、仙台、福島、広島、新潟、京都、石川、高松、山形、富山、静岡、宮崎、熊本、北九州にて、“地方版”を展開。地方版は現地の有志が運営し、地方のコミュニティ活性化の一助となっている。

これまでに、270回を越える関連イベントを通して、のべ37,000名を超える方にご参加いただいている(2012年5月現在)。

甲府版について

新宿から甲府までは、特急あずさ(または「かいじ」で1.5H(3,820円/片道)。
帰りの最終は、甲府21:09出発→新宿22:37到着です。

バナー

ブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

CSS Nite in KOFU, Vol.1(幅160ピクセル×高さ160ピクセル)

ご来場者プレゼント

最新エントリー

FAQ’s

開催に関して

当日は何を持参すればよいですか?
開催の1週間〜3日前くらい前に受講票をメールにて発送します。そちらをプリントアウトしてご持参してください。プリントアウトが困難な方は、携帯電話の画面でのご提示でも結構です。
当日の配布資料はありますか?
ほかのCSS Niteと同様、基本的にありません。スライドなどは、開催終了後にダウンロードいただけるようにご案内します。セミナー中に撮影いただいたり、録音いただき、個人として利用されることはOKです。ただし、撮影時に音が出る機器(携帯電話など)はご遠慮ください。
視力が弱いのですが、大丈夫でしょうか?
心配な方は、お早めにご来場いただき、見やすい席を確保していただければ確実です(自由席です)。なお、途中でもお困りの際には移動いただいて結構ですし、お申し出くだされば、(席替えなど)対応いたします。
書籍販売コーナーはありますか?
今回はご用意いたしません。
パソコンを持参した方がいいですか?
いいえ、必要ありません。パソコンを持ち込んでいただくのは結構ですが、電源は十分にありません。まわりの方と分け合ってご利用ください。
なお、「隣に座った方の、キーボードのタイピング音がうるさくて気が散る」といった苦情を最近よくいただきます。ご配慮をお願いします。
無線LANなどの環境はありますか?
若干のご準備はいたしますが、基本的にはご自身でご用意ください。
電源はありますか?
会場に両サイドにある電源をお使いいただいてOKですが、分け合ってお使いください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。また、ACアダプターにつまづいてPCが落下などされないように、くれぐれもお気をつけください(休憩中はコードをはずしておいたり、養生テープなどで固定された方がよいかもしれません)。
Twitterで実況中継いいですか?
はい、どうぞ。ハッシュタグは「#cssnite_kofu1」です。なお、場合によっては、守秘義務に関する内容があります。講演者から指示があった場合、そちらは避けていただけますようお願いいたします。
USTREAMで中継してもいいですか?
こちらはご容赦ください(=NGです)。
セッション登録はどのように行えばよいですか?
今回のCSS Niteは1トラックで開催します。つまり、同時進行で複数のセッションは進行しませんので、セッション登録などは不要です。すべてのセッションをお楽しみいただけます。

お申し込み・決済に関して

複数名で申し込む予定ですが、まとめて振り込んでもOKですか?
はい。その場合、お振り込み後に「振込名義」と、どなたの分かをご連絡ください。
請求書は発行いただけますか?
いいえ、請求書発行は行いません。
領収書はいただけますか?
はい。決済方法に限らず、全員の方に開催当日にお渡しします。
法人名などの宛名が必要な場合には、休憩時間に受付にてお申し出ください(事前のご連絡は不要です)。
なお、銀行振込、PayPal決済に関わらず、領収書の日付は開催日です。不都合があれば、当日、ご相談ください。
諸事情で、遅刻(途中退席)しなければなりません。
問題ありません。ただし、部分的な返金等はご容赦ください。
懇親会に参加したいのですが...
こちらのフォームからお申し込みください。

キャンセルや払い戻しについて

急遽参加できなくなりました。代わりの人間が参加してもよいですか?
はい、どうぞ。その際には、cssnite@gmail.comまでご一報ください。
諸事情により参加できなくなりました。
キャンセルフォームからご連絡ください。決済後のキャンセルについては下記のポリシーにて行わせていただきます。手数料を頂戴しますので、あらかじめご了承ください。
期間 返金額
3日前まで 半額
2日前〜当日 0円(フォローアップをお送りします)
返金を放棄される場合にはフォローアップをお送りします。なお、キャンセルの返金は、イベント開催後、その月末に行わせていただきます。
PayPalでダブって決済してしまいました。
ご連絡いただければ払い戻し処理を行います。もちろん、こちらで気付いた場合にはご連絡します。なお、返金の際、手数料(500円)のみご負担ください。
PayPalで事前決済したいのですが...
現在、PayPal決済でトラブルが発生しており、参加申込時に、PayPal決済を選択いただけません。とりあえず、当日決済を選択してください。 PayPal決済が可能になった時点でお知らせします。なお、開催までに復旧しなかった場合には、当日払いにてお願いします。その場合、PayPal事前決済による割引は無効です。
PayPal決済で申し込みましたが銀行振込にしたいのですが...(銀行振込で申し込みましたがPayPal決済にしたいのですが...
決済後に、ご連絡ください。お申し込みをやり直していただく必要はありません。
 

県外からご参加される方へ

Q1:参加を検討しています。交通費の目安を教えてください。
新宿からですと「特急あずさ」または「特急かいじ」を利用して往復7,640円、高速バスだと3,900円です(3人で来られる場合はあずさ回数券(6枚綴り)16,800円を使うとお得です。)
Q2:宿泊費の目安を教えてください。
4,000円〜6,000円のホテルをはじめ、いろいろなホテルがあります(甲府石和)。  
山梨には湯村温泉や石和(いさわ)温泉など名湯もありますので、夜は日頃の疲れを温泉で癒してみてはいかがでしょう。
ちなみに、スタッフおススメのホテルは「石和びゅーほてる」です。
Q3:パックになったツアーはありますか?
いいえ、ありません。お悩みの方はご相談ください。
Q4:山梨行ったらコレは食べとけ!って食べ物はありますか?
鳥もつ煮、ほうとうは山梨を食べてるって感じがするんではないでしょうか。アイスにきな粉と黒蜜がかかった「信玄アイス」もここ数年で定番となってきました。
Q5:じゃあ、オススメのお店教えてください。
会場からも近い「奥村本店」をオススメします。鳥もつ煮やほうとうはもちろん、県内産のワインも楽しめます。
Q6:オススメのお土産はなんですか?
定番の信玄餅やくろ玉、信玄桃などがオススメです。可愛い系だと甲府のゆるキャラ「武田菱丸」(たけだひしまる)くんとか、こびとづかんのモモジリのお菓子などもありますよ。
Q7:会場付近のホテルの近くに観光できる場所はありますか?
甲府駅から東に行ったところにある、天守台から甲府市街が一望できる「舞鶴城(まいづるじょう)公園」や、甲府駅の北側の「武田神社」が定番です。
雄大な自然を楽しみたい方はバスにのって昇仙峡(しょうせんきょう)へ是非足を運んでみてください。

お問い合わせ

ご不明点やお気づきの点がありましたらこちらのフォームからお知らせください。


このページの上部に戻る