CSS Nite LP, Disk 35「マルチデバイス対応 2014」

LPシリーズの35弾は、「マルチデバイス対応 2014」をテーマに開催します。

このセミナーイベントは終了しました。

フォローアップ

本イベントは終了しました。

ツイートは下記にまとめました。

フォローアップを公開しました。

イベント概要

イベント名 CSS Nite LP, Disk 35「マルチデバイス対応 2014」
日時 2014年6月14日(土)13:30-19:15(開場13:10)
会場 ベルサール九段 イベントホール
千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル3F
Google マップ
定員 240名
出演(順不同) たにぐち まこと(エイチツーオー・スペース)@seltzer
松田 直樹(まぼろし) @readymadegogo
秋葉ちひろ(ツクロア)@tommmmy
木村 哲朗(まぼろし) @haribote_nobody
西畑 一馬(まぼろし) @KazumaNishihata
小川 裕之(ツクリベ) @barchin
堀内 敬子(Flask) @horiuni
司会進行 鷹野雅弘(スイッチ)
山本 和泉(#fc0)
主催 CSS Nite実行委員会
協賛 WACAウェブ解析士協会
NTTレゾナント(AppKitBox)
Webクリエイター能力認定試験(サーティファイ)
クラウドワークス
ソシム
ウェブ担当者通信
JWSDA(日本Webソリューションデザイン協会)
サイバーガーデンbiz
プレゼント協賛 awesome! クリエイターズショップ
マイナビ
インプレスジャパン
参加費 10,000円(当日枠)
9,000円(事前決済)
8,000円(5月14日まで)
7,000円(4月23日まで)
3,000円(フォローアップ参加)
事前登録 必要
備考 スクール形式(=机があります、3人がけ)
Facebook Facebookページ
Twitter ハッシュタグは #cssnite_lp35 です。
URL http://cssnite.jp/lp/lp35/
懇親会 セミナー終了後、会場近くの居酒屋にて
懇親会を予定しています(別途実費)。

会社名のうち、株式会社などは省いています。

CSS Nite LP35に参加する参加登録する

予告なくセミナーイベントの仕様が変更になることがあります。
修正事項は、開催までにお送りするカウントダウンメール(やFacebookイベントページ、Twitterなど)でお知らせしていますので、ご一読いただけますようお願いします。

会場参加される方向けのご案内事項などをまとめました。ぜひ、ご一読ください。

セッション概要と 出演者のプロフィール

2014年09月11日 時点での最新情報です。セッションタイトル、内容、出演者は、状況に応じて変更する可能性があります。

次の6セッションを予定しています。

プロフィールは、本セミナーイベント開催時(2014年6月)のものです。

基調講演:スマホサイトの今、スマートデバイスのこれから

Webサイトのマルチデバイス対応が当然となる今、スマートデバイスはすでに「次の変化」が始まっています。
腕時計やメガネ型などのウェアラブルデバイスの登場、車載端末向け iOSなど活用が広がるスマートデバイス、音声コントロールや情報のプッシュ配信など、Webが新しい使われ方を始めています。

そんな時代に、私たちはどんなWebサイトを提供していけばよいのでしょう。本セッションでは、そんな「スマホサイトの今と、これから」を考えていきます。

写真:たにぐち まことたにぐち まこと

株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役
anygraphica プログラマー

Web サイト制作ユニット anygraphicaのプログラマとして Webサイト制作に携わるかたわら、CSS NiteやAndroid bazaarなどでの講演活動、テクニカルライター業など Web業界の教育事業に取り組んでいる。近年は、スマートフォン向けのサイト制作や、JavaScriptを活用したWebサイトデザインなどが主な業務。

主な著書に『よくわかるPHPの教科書』、『よくわかるJavaScriptの教科書』(共にマイナビ刊)など。

レスポンシブWebデザインのワークフロー

今までのWebサイト制作は、ひとつひとつの工程を順番に進めていくワークフローで進められていました。しかし、レスポンシブWebデザインでは従来のワークフローで進めると思わぬ苦労やリスクを負ったりすることがあります。

レスポンシブWebデザインはその手法だけでなく、どのようなワークフローで進めるかも大事なポイント。
本セッションでは従来通りのワークフローと、プロトタイプを使ったワークフローの両方でレスポンシブWebデザインのサイト制作に携わった経験を元に、従来のワークフローの問題点と、プロトタイプを使ったワークフローの進め方を紹介します。

小川 裕之おがわ・ひろゆき

ツクリベ

印刷会社でDTPオペレーターとして2年間勤めたあと、Webデザイナーとして複数の制作会社を転々とする。2012年4月よりフリーランスとして独立。Webデザインから、コーディング、ディレクション、コンサル等幅広く手がけている。

Web Designing 2012年10月号「特集:レスポンシブWebデザインをマスターする」を執筆。アドビが提供しているUSTREAM番組 ADC OnAirシーズン2「レスポンシブWebデザインのワークフロー」にゲスト出演。

著者に『レスポンシブWebデザイン入門 ~マルチデバイス時代のWebデザイン手法~』(マイナビ)。

マルチデバイス対応な実案件で使う、Bootstrap のすゝめ(仮)

マルチデバイス対応と聞いて、実装方法としてまず挙がるのがレスポンシブWebデザイン。
このレスポンシブWebデザインの定着によって、いわゆる「CSSフレームワーク」が数多く登場しました。特にメジャーな「Bootstrap」や「Foundation」はマルチデバイス対応実装やデザインにおいて無視できない存在になっているのではないでしょうか。

反面、これらのフレームワークを使うと「Bootstrapっぽさが残る」「他と似たサイトになってしまう」などの使いにくさの声も多くあります。

実際の受託案件において、どのようにCSSフレームワークと仲良くすればいいのか。そんな考え方や方法をBootstrapを中心としてご紹介します。

写真:松田 直樹まつだ・なおき

株式会社まぼろし

ゲーム業界にて企画開発を担当した後、Web業界に転身。
2011年より株式会社まぼろしに参加。
まぼろしのCCOとして、テーマパークの開設運営で培った企画力を生かし、デザイン・マークアップ・プログラム、また書籍・雑誌の執筆、講演といった業務を幅広く担当している。

趣味が高じて、戦国・幕末等の歴史系ライティング活動も行っている。

スマートデバイス時代のJavaScript

Web制作の要といえる JavaScript。そして、JSライブラリーの代名詞「jQuery」。これらは、Webサイト制作に欠かせない技術になっています。

しかしスマートデバイス時代の今、この関係にも変化が訪れています。jQueryの動作速度やファイルサイズが、処理能力の低いスマートデバイスにはネック となり、容量を軽くした「Zepto.js」や大規模開発を可能とする「AngularJS」など、新しいライブラリーが続々と登場しているのです。

本セッションでは、そんな JavaScript開発の「今」を、Webデザイナーの方にもわかりやすくお届けします。

写真:たにぐち まことたにぐち まこと

株式会社エイチツーオー・スペース 代表取締役
anygraphica プログラマー

Web サイト制作ユニット anygraphicaのプログラマとして Webサイト制作に携わるかたわら、CSS NiteやAndroid bazaarなどでの講演活動、テクニカルライター業など Web業界の教育事業に取り組んでいる。近年は、スマートフォン向けのサイト制作や、JavaScriptを活用したWebサイトデザインなどが主な業務。

主な著書に『よくわかるPHPの教科書』、『よくわかるJavaScriptの教科書』(共にマイナビ刊)など。

UI設計に役立つ! 意外と知らないiOS/Androidの流儀

スマートフォンアプリをつくるときに、どうしても避けて通れないのがガイドライン。iOSアプリ開発者のためにはAppleが、Androidアプリ開発者のためにはGoogleが、それぞれ公開しています。

それぞれのガイドラインには、小さな画面で使いやすいUIを作るための考え方から細かい部品の解説まで、たくさんの情報が詰まっています。アプリのUIを考える基礎としてはもちろん、スマホサイトのUI設計にも、大いに役立つドキュメントです。

このセッションでは、ガイドラインの中から重要な事項をいくつかピックアップし、iOSとAndroidの「UIのお作法」を比較しながら、具体例とともにご紹介します。

写真:秋葉 ちひろあきば・ちひろ

株式会社ツクロア
デザイナー/アートディレクター

1981年生まれ、京都大学農学部卒。
大学在学中にWeb制作を独学で学び、農学はそっちのけでこの業界に入る。制作会社やWebスクールなどでの勤務、フリーランスを経て、2012年後半は Baidu JapanにてAndroidアプリSimejiの開発に携わる。その後、2013年4月に株式会社ツクロアを設立。

現在は、スマートフォンアプリやWebサイトをメインとした、設計・デザイン・動きの実装まで、デザインワークに関するすべての工程を統括し、制作からコンサルティングまで幅広く請け負っている。デザインや実装に関する講演、執筆、寄稿なども多数。
技術にとらわれずに体験からデザインを考えるコミュニティ「デザイナーズハック」を運営。

共著に『Effective Android』(インプレスジャパン)、『Firefox OSアプリ開発ガイド』(リックテレコム)、『CSS3 デザインプロフェッショナルガイド』(マイナビ)など。

写真:堀内 敬子ほりうち たかこ

Flask LLP
UIデザイナー

出版社、Web制作会社勤務を経て、2005年にWeb制作会社を設立、2013年に会社を譲渡。現在は、フリーランスでiOS/Android/WebアプリのUIデザインを行うほか、iOSエンジニアとともにFlask LLP(フラスク有限責任事業組合)を設立し、使いやすく、ちょっと楽しいiOSアプリをメインに企画・開発している。
ほか、書籍・雑誌・ネットメディアでの執筆、講演など。

ブログ 云々

Twitter @horiuni

トラブルシューティング 2014

マルチデバイス対応への要求レベルが高まるにつれ、バグに出会う頻度もこれまで以上に増しつつあります。

本セッションでは、わたしたち「まぼろし」での経験を交えながら、マルチデバイス対応のフロントエンドまわりでよくあるトラブルについて、その解決方法・回避方法を具体的にご紹介します。

2013年に開催されたCSS Nite LP27での「よくあるトラブルと解決方法・回避方法」で紹介したバグが最新のOSではどのようになっているのか、あらたに発生したバグやその解決方法、さらに、レスポンシブWebデザインでのトラブルシューティングについてお話します。

木村 哲朗きむら・てつろう

株式会社まぼろし
フロントエンドエンジニア

1980年、東京都文京区生まれ。企業サイトや動画サイトの運用更新を経験ののち、2012年5月に株式会社まぼろしへジョイン。主にWebサービス・アプリケーションの仕組みや構成についての設計および、HTML/CSS/JavaScript を用いた実装を行う。

また、写真の技能を習得しているため、ポートレートや商材などの撮影にも対応が可能。

Twitter: @haribote_nobody

西畑 一馬にしはた・かずま

to-R 代表
株式会社まぼろし
フロントエンドエンジニア

JavaScript / Ajaxを利用したWebアプリケーション制作やCSS3 / HTML5を利用したサイト作成を業務で行い、個人でも書籍や雑誌の執筆、Webクリエイター向けの講座 / セミナーなどの活動を行っている。

主な著書に『Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門』、『jQuery Mobile スマートフォンサイト デザイン入門』がある。

参加費とお申し込み

CSS Nite LP35 は有料のイベントです。ご参加いただくには参加登録と事前決済が必要です。

満席となったため、当日枠のみ受け付けています。当日枠はキャンセル待ちではありませんので、お申し込みいただければ確実にご参加いただけます。

当日枠の受付は終了しました。

LP35に参加する参加する

Peatixのページにジャンプします。

参加費

懇親会(3,500円)と一緒に事前決済されると、ちょっとお得です。

  セミナーのみ セミナー
+懇親会
懇親会のみ フォロー
アップ参加
4月23日まで 7,000円 10,000円 3,500円 3,000円
5月14日まで 8,000円 11,000円
それ以降(事前決済) 9,000円 -
当日決済 10,000円 - 4,000円 -
それ以降 - - - 3,500円

決済方法

お申し込みからビジネスデーで3日以内の決済をお願いします(決済期限については、決済システムのPeatixからの自動返信メールをご覧ください。)。

決済に関して

決済のご確認(入金確認)

決済後、Peatixからの自動返信をもって入金確認とします。

フォローアップ参加

CSS Niteの有料版は、およそ90日後に、スライド/音声などを参加されていない方にも公開しています。当日ご都合が悪い、遠方で参加が困難という方のために、今回、フォローアップ(スライド/音声)をタイムリーに受け取っていただける「フォローアップ参加」を試験的に行います。

開催の背景

CSS Niteについて

CSS Nite(シーエスエス・ナイト)は、Web制作に関わる方のためのセミナーイベントです。2005年10月、アップルストア銀座にてマンスリーイベントとしてスタート。当初は文字通り「CSS」にフォーカスしていましたが、現在は“Web 制作者にとって有益であろうトピック”を広く扱っています。

都内を中心に、名古屋、大阪、青森、福岡、沖縄、札幌、福井、仙台、福島、広島、新潟、京都、高松、静岡、宮崎、岡山、松山、山梨、長野、また、海外では韓国でも開催。マークアップ系にとどまらず、WebディレクターやSEO/SEM、プログラマー系、経営者など、Web制作に関わる方の交流の機会となっています。

これまでに380回を越える関連イベントを通して、のべ48,000名を超える方が参加するなど、Web制作業界セミナーイベントとしてはモンスター級(2013年12月現在)。

CSS Nite LP

CSS Nite LPは、回ごとにテーマを設け、土日などに開催するCSS Niteの有料版。アップルストア銀座でのCSS Nite(現在は休止中)をシングル盤に見立てると、LP盤(アルバム)だよね、ということでVolではなく、Diskでカウントしています。

今回のLP, Disk 35はその第35弾。「LP35」はそこから来ています。

スマートフォン関連のCSS Nite LP

お申し込みから開催当日まで

受講票、カウントダウンメール

タイムテーブル

2014年9月11日 時点で最新のものです。変更の可能性があります。

開始 ステージ 出演者
13:10 開場  
13:30 オープニング  
13:35 基調講演:
スマホサイトの今、
スマートデバイスのこれから
たにぐち まこと
(エイチツーオー・スペース)
14:00 レスポンシブWebデザインのワークフロー 小川 裕之(ツクリベ)
14:40 スマホの検証が10倍はかどる!
Remote TestKitの紹介
北岡 恵子(NTTレゾナント)
14:50 休憩  
15:05 マルチデバイス対応な実案件で使う、
Bootstrap のすゝめ
松田 直樹(まぼろし)
15:50 スマートデバイス時代のJavaScript たにぐち まこと
(エイチツーオー・スペース)
16:25 休憩  
16:40 PRセッション:ウェブ解析士協会  宮崎 洋史(環)
16:45 UI設計に役立つ!
意外と知らないiOS/Androidの流儀
秋葉 ちひろ(ツクロア)、
堀内 敬子(Flask)
18:10 休憩  
18:25 トラブルシューティング 2014 木村 哲朗(まぼろし)、
西畑 一馬(まぼろし)
19:10 エンディング  
19:15 終了 若干、延長する可能性があります。  
19:30 懇親会開始(希望者のみ、別会場に移動します)
21:30 懇親会終了(途中退席可能。22:00くらいまで延長することがあります)

FAQ’s

開催に関して

当日の配布資料はありますか?
ほかのCSS Niteと同様、基本的にありません。スライドなどは、開催終了後にダウンロードいただけるようにご案内します。セミナー中に撮影いただいたり、録音いただき、個人として利用されることはOKです。
ただし、撮影時に音が出る機器(携帯電話など)はご遠慮ください。
パソコンを持参した方がいいですか?
いいえ、必要ありません。パソコンを持ち込んでいただくのは結構ですが、電源は十分にありません。まわりの方と分け合ってご利用ください。
なお、「隣に座った方の、キーボードのタイピング音がうるさくて気が散る」といった苦情を最近よくいただきます。ご配慮をお願いします。
無線LANなどの環境はありますか?
若干のご準備はいたしますが、基本的にはご自身でご用意ください。
電源はありますか?
会場に両サイドにある電源をお使いいただいてOKですが、分け合ってお使いください(ぜひ、電源タップなど延長できるものお持ちください)。また、ACアダプターにつまづいてPCが落下などされないように、くれぐれもお気をつけください(休憩中はコードをはずしておいたり、養生テープなどで固定された方がよいかもしれません)。
Twitterで実況中継してもいいですか?
はい、どうぞ。ハッシュタグは「#cssnite_lp35」です。なお、場合によっては、守秘義務に関する内容があります。講演者から指示があった場合、そちらは避けていただけますようお願いいたします。
Ustreamで中継してもいいですか?
こちらはご容赦ください(=NGです)。主催者サイドでUstream配信する予定はありません。

お申し込み・決済に関して

複数名で申し込む予定ですが、まとめて振り込んでもOKですか?
はい。その場合、お振り込み後に「振込名義」と、どなたの分かをフォームからご連絡ください。
申し込み時に記入したものとは異なる方法で送金したいのですが...(「PayPalを選択したけど、銀行振込したい」、「銀行振込を選択したけれど、PayPalで決済したい」、「複数人をまとめて振り込みたい」など)
問題ありません。お手数ですが、ご送金後にフォームからご連絡ください。
請求書は発行いただけますか?
PDFに限り、発行します。請求書発行依頼フォームからご連絡ください。
領収書はいただけますか?
はい。開催当日、全員にお渡しします。
法人名などの宛名の記入が必要な場合には、休憩時間に受付にてお申し出ください(事前のご連絡は不要です)。銀行振込、PayPal決済に関わらず、領収書の日付は開催日です。不都合があれば、当日、ご相談ください。なお、欠席された場合でも、ご連絡いただければ領収書を郵送します。
セミナー+懇親会のセットで申し込みました。領収書を分けて欲しいのですが...
領収書はセミナーと懇親会で分けてご用意しています。
諸事情で、遅刻(途中退席)しなければなりません。
問題ありません。ただし、部分的な返金等はご容赦ください。遅刻される場合、(すでに着席されている方の注意を削ぐため)次の転換/休憩時まで、会場の後部にて待機いただきます。
入金確認メールはいつ届きますか?
早ければ翌日。状況によっては1週間くらいかかることもあります。なお、PayPal決済の場合にはPayPalからの自動返信メールをもって入金確認としますので、CSS Niteからのメールはお送りしていません。
お申し込み者と振込名が異なる場合、こちらでは照合できません。ご連絡をお願いします。

当日

何を持参すればいいですか?
筆記用具受講票をお持ちください。
長時間のセミナーですので、座布団をお持ちいただくのもよいと思います。
映画館やセミナーなどで寒いと感じることがある方は、夏冬問わず、 ひざ掛けカーディガン等をご持参ください。
受講票はいつ届きますか?
受講票は開催の1週間ほど前に、ご登録のメールアドレスにお送りします。プリントアウト不可の方は携帯電話に転送してご提示ください。それも不可能な場合には、受講者番号をお控えの上、ご来場ください。万が一、すべて忘れてしまった場合には、リストにてお名前を照合します。タイムテーブルは印刷したものをお渡しします。
会場内は飲食可能ですか?
はい、会場内は飲食可能です。長丁場ですので、軽食やおやつなどをご持参ください(ゴミはお持ち帰りいただけますようご協力をお願いします)。参加者の方のための飲み物などはご用意していません。ご自身でご用意ください(館内に自動販売機があります)。
遅刻しても入場できますか?
はい、ご入場いただけます。電話やメールでの連絡などは不要です。なお、遅刻された方がセッション中に会場を移動されたり、また、関係者が誘導すると、すでに着席されている方の視界を遮り、注意をそいでしまいます。遅刻された場合、次の休憩、または、セッション間の転換まで後部にてお待ちいただくことがあります。
指定席ですか?
いいえ、自由席です。視力の弱い方は、お早めにご来場いただき、見やすいお席を確保してください。
スクリーンは250インチとかなり大きいので、後ろの方のお席でも通常の視力であれば、問題なく観ることができます。見にくい場合には、途中でも席を移動してください。
空席を荷物などでふさがないようにご協力お願いします。
禁止事項はありますか?
まわりの方の迷惑となりますので、シャッター音の鳴る機器、および、タブレットでの撮影を禁止します(スマホ、タブレット、コンデジ等、デバイスを問わず)。
スライドは、後日ダウンロード可能です。
スライドはダウンロードできますか?
はい、終了後にお送りする「フォローアップメール」にて、ダウンロードのURLなどをご案内します。開催後、遅くても1週間以内にお送りしています。
無線LAN環境はありますか?
一応、ご用意しています。「CSSNITE_A」「CSSNITE_G」、「CSS Nite参加者用」などのアクセスポイントをご利用ください(パスワードは設定していません)。ただし、接続に関して確実にはお約束はできません。
電源はありますか?
会場内の電源を使用していただいて結構ですが、限りがあります。電源タップなどをご持参いただき、分け合って使ってください。なお、受付周辺に、充電コーナーをご用意していますので、休憩時間にご利用ください。

キャンセルや払い戻しについて

急遽参加できなくなりました。代わりの人間が参加してもよいですか?
はい、どうぞ。その際には、フォームからご連絡ください。
当日、急用で欠席しました(領収書を紛失してしまいました)。領収書は発行いただけますか?
はい、発行いたします。こちらのフォームからご連絡ください。
PayPalでダブって決済してしまいました。
ご連絡いただければ払い戻し処理を行います。もちろん、こちらで気付いた場合にはご連絡します。なお、返金の際、手数料(500円)のみご負担ください。
諸事情により参加できなくなりました。
下記のキャンセルポリシーをご一読の上、キャンセルフォームからご連絡ください。

キャンセルポリシー

決済後のキャンセルについては、下記のポリシーにて行わせていただきます。

5月29日発行のカウントダウンメール002にて「再演版への振替も可能」とお知らせしてしましたが、これは誤りです(LP33のものが残ってしまいました)。LP35は再演版はありません。

請求書 PDFのみ発行(希望者)




会場参加者 OK
フォロー
アップ参加
OK
一般公開 およそ90日後




3日前まで フォローアップ参加費を
除いて返金
(フォローアップあり)
(計算例) 9,000円-3,000円=6,000円
前々日、
前日、
当日
返金なし(フォローアップあり)

参加費のキャンセル返金に関して

懇親会のキャンセルについて

懇親会のキャンセルについて、次のようにお願いします。

タイミング 返金額
開演後、1つめの休憩が終了するまで 全額返金
それ以降 返金なし

なお、懇親会を決済されていて、当日参加されない場合にも同様です(ご連絡いただければ、後日返金いたします)。

関連情報

バナー

ブログやサイトにバナーを掲載いただければ幸いです。ソースコードのままご利用ください。

CSS Nite LP35「マルチデバイス対応 2014」(幅200ピクセル×高さ200ピクセル

協賛、協力

このページの
上部に戻る

このページの上部に戻る