アップルストア銀座でのマンスリー版のCSS Niteの「事前登録制」について

アップルストア銀座でのマンスリー版のCSS Niteの「事前登録制」についてご説明いたします。

アップルストア銀座でのマンスリー版は、お席の数が限られています。そのため、次のような問題がありました。

  • 早く行かないと座れない
  • がんばって行っても入れないことがある(消防法の関係で180名の入場制限があります)

やはり、優先すべきは仕事ですので、本末転倒になってしまってはナンセンスです。また、「この回は見たい」というときに、確実に入場いただけることをお約束できるしくみが必要だと考えました。このような理由で「事前登録制」を導入しました。

  • 事前登録を行っていただいた方には、ご入場を確約します。
  • 当日参加の方を排除するものではありません。

なお、180名の内訳としては次のように想定しています。

  • 事前登録(椅子席):84席
  • 事前登録(立ち見):70人分
  • 当日ご入場の方のマージン:30-60人分(事前登録の方のキャンセルを含む)

事前登録に関するフロー

事前登録の開始は、mixiのCSS Niteコミュニティの該当イベントに参加表明いただいた方に少し早めにお知らせします(mixiのメッセージング機能でなく、mixiに登録されている個々のメールアドレスに一斉同報でお送りします)。数日後に、twitterやCSS Nite公式サイトなどでもご案内します。

mixi-regist.gif

「事前登録を行わずに当日行ったら入場制限に引っかかった」という最悪の事態はありますが、ここ最近、そこまでいっぱいになることは起こっていません。

アップルストア銀座で配布されているブローシャ(パンフレット)や、アップルストア銀座のWebサイト、アップルストア銀座での店員さんによっては、この状況を理解されていない方もいます。順次、徹底していきますので、よろしくお願いいたします。

なお、当日のフローは次のように行います。

  • 事前登録をされた方は、開場(18:30くらいの目安)からすぐに入っていただけます。
  • 事前登録のない方は、開演10分前まで(18:50)階段に並んでいただきます。
  • 18:50の時点で、椅子席が余っている場合、立ち見席から繰り上げます。
  • 18:50の時点で、当日の方にご入場いただきます。

椅子席の事前登録を行われても、18:50までにご入場いただけない場合には、自動的に「立ち見席」への振替とさせていただきます。ご入場はお約束します。

なお、この情報は、2008年9月22日時点のものであり、CSS Nite in Ginza, Vol.2839まで有効です。トライしながら修正していく可能性がありますので、ご意見やアイデアがあれば、お知らせいただければ幸いです。

追記(2009年6月13日):

事前登録の意義は理解できるが、「mixiで参加表明があり、さらに事前登録を行うのは二度手間ではないか」というご意見をいただきました。 確かにお手間をおかけして申し訳ありません。次のような意味合いがありますので、(運営サイドの都合ですが)ご理解いただければ幸いです。

  • とりあえず日程とテーマのみを決定して告知した段階での"引き"を確認できる。
  • 参加表明のコメント欄を通じて、事前にニーズなどを把握し、内容の方向修正などにつなげることができる

「mixiで参加表明(仮)と事前登録(正式)」のタイムラグがポイントです。先のことはわからない状態での参加申し込みは、キャンセルの増加にもつながるといったこともあります。

ではmixiで一本化すれば、という考えもありますが、ハンドルで管理するのは煩雑ですし、個別の受講票も発行できません。

集まりすぎても困るし、集まらなくても困る、ということを避けるための苦肉の策ということで、ご容赦いただければ助かります。

追記(2009年9月27日):

mixiで参加表明いただいた方への「お知らせメール」について

  • mixiのメッセージング機能でなく、mixiに登録されている個々のメールアドレスに一斉同報でお送りします。
  • mixiにご登録のメールアドレスに「差出人:mixi mixi@mixi.jp、件名:[mixi] 参加イベントのお知らせ」にて届きます。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

CSS Nite in OSAKA, Vol.43「Reboot Dreamweaver」

3月に都内で好評のうちに終了したCSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」の大阪版を5月13日に開催します。