Shift 2に、長谷川恭久さんのセッションが追加

DSCF2254.jpg

12月13日に開催するShift 2(2008-2009)に、長谷川恭久さんによるショートセッション「reset.css: 不況が生み出す新たなウェブの可能性」が追加になります。

世界だけでなく日本へも不況の波が押し寄せてきており、2009年は厳しい年になる見方もあります。仕事がなくなるかもしれないという不安もありますが、不況はイノベーションが生まれる時期とも言われています。それではウェブサイト制作において必要な変化とはどういったものでしょうか。厳しい状況下だからこそ、我々の仕事の仕方やウェブの伝え方を見つめ直す時期です。 今セッションでは、3つのキーワードを基にこれからの仕事の進め方を提案します。

なお、「reset.css」はあの「reset.css」でなく、3つのキーワードの頭文字にCSSをかけている、とのことです。

Shift 2(2008-2009)は、すでに満席になり、現在、キャンセル待ちを受付中です。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第12弾として、2018年のWeb制作シーンを振り返ります。