CSS Nite LP, Disk 8、定員に達したため、増枠します

lp8_banner.gif

2010年1月9日にベルサール神田で開催するCSS Nite LP, Disk 8「Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映」の開催まで50日となりました。

定員240名とご案内していましたが、現在236名の方からお申し込みをいただいており、会場の使い方などを検討した結果、定員を90名分増枠することにしました。

Webサイトをビジネスの手段として考えたとき、成果を求められるのは当然であり、その傾向はますます強まっています。
そのためには、アクセス解析データを数字として眺めるだけでなく、見てほしいコンテンツへの適切な誘導やコンバージョン(購入・成約・問い合わせなど)につなげるための「発想」や「作業」が必要です。サイト構成の見直し、新たなコンテンツの企画、リンクの文言や場所、広告のデザインや配置の変更など、さまざまな工夫のもとでサイトのパフォーマンスを高めていくことが不可欠です。
「Google Analyticsを導入して毎週レポートを見ている、でも、解析結果をサイトにどのように反映すればよいのかわからない」という方をターゲットに、CSS Nite LPの第8弾を企画しました。サイトのパフォーマンスを高めるためのアクセス解析データの活用、提案における成果の根拠、さらにそれを予算の提示につなげる方法など、Web制作者が取り組むべき課題にフォーカスします。

CSS Niteは2008年後半から「Season 3:スキルからセンスへ」というテーマが掲げ、スキルだけにフォーカスするのでなく、"クライアントとビジネスの話ができる"ためのトピックを少しずつ入れています。

サイト公開後に、アクセス解析データを見ながらサイトを最適化していくことは、Web制における不可欠なスキルになるのではないかと考えています。たくさんの方のご参加をお待ちしています。

セッション概要、タイムテーブルは下記にありますのでご確認ください。セッション概要をまとめたPDF(2ページ)もご用意しています。

『こんなプロジェクトはいやだ!』をいいね!にするカイゼン(2月27日[水])

栄前田 勝太郎さん(リズムタイプ)を講師に迎え、問題発見・解決のためのメソッドを伝え体験してもらい、それを持ち帰って自分の職場(プロジェクト/チーム)で実践できるようにする講義+ワークショップです。

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション