CSS Niteの有料イベントにかかる請求書発行について

これまでも「なるべく請求書なしにご協力ください」とお願いしてきましたが、現在進行中のLP16を含め、CSS Niteの有料イベントにおいて、今後、請求書発行を行わないことになりました。

当然ながら領収書は発行しますので、経費にてご参加される方は仮払い処理などでご対応いただければ幸いです。

CSS Niteは「自分たちに必要なセミナーを自分たちで企画する」というコンセプトで開催してきており、「リーズナブルな金額での開催」にこだわり、イベント制作会社などを使わず、業務の空き時間にイベントにかかる作業を行っています。

個人として出せる金額内という値付け設定を行っており、現在の値付けは、請求書を発行するまでの金額でないと考えています。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

CSS Nite in OSAKA, Vol.43「Reboot Dreamweaver」

3月に都内で好評のうちに終了したCSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」の大阪版を5月13日に開催します。