CSS Nite LP, Disk 13 repriseフォローアップ(3)たにぐちまことさん

110205_lp13r_0424.jpg

2011年2月5日、ベルサール九段で開催したCSS Nite LP, Disk 13 reprise「スマートフォン特集(1)iPhone/iPad編」のフォローアップとして、たにぐちまことさん(H2O Space.)の『ライブコーディングで学ぶ、iPhoneサイト制作のキホン』のスライドと音声をシェアします。

CSS Nite LP, Disk 13 repriseは、2011年1月22日に開催したCSS Nite LP, Disk 13「スマートフォン特集(1)iPhone/iPad編」の再演版です。

続編のLP16:Android編を6月18日に開催します。

メッセージ

みなさん、長丁場お疲れさまでした!非常に濃い6時間を過ごすことができましたね。

さて、私のセッションでは「Windowsの場合はどうしたらよいのだろう?」というご質問をいただいておりましたので、ご回答差し上げます。

Windowsでは、セッション中で紹介した「iOSシミュレータ」および「Pastebot」を利用することができません。そのため、若干作業はやりにくくなってしまいます。

●Safariを利用する

Windows版Safariは、Mobile Safariとほぼ同じレンダリング能力を持っていますので、これで表示確認をします。ただし、一部 CSS3のサポート状況などが異なっているため、実機での確認は必須です。http://www.apple.com/jp/safari/download/

●Adobe Dreamweaver CS5 のマルチスクリーンプレビュー

Dreamweaver CS5には、「マルチスクリーンプレビュー」という複数デバイス向けの表示を確認する機能があります。これを利用すれば、横320pxや 480pxといった幅での表示を簡単に確認することができます。

●実機での確認には、Gmailの下書きなどを使う

実機で確認する際、URLを打ち込むのが面倒なとき、Gmailのユーザーでしたら「下書き」を利用することができます。

Gmailで新しいメールを作成して、下書きとして保存します。これを、iPhone側のメールソフトで Gmailアカウントを同期し、「Drafts」フォルダを見るとメールが同期されるので、そのURLをクリックするという方法です。(この時、Gmailにアクセスして下書きを見てしまうと編集モードになってしまうので、iPhone付属のメールソフトで閲覧する必要があります)

その他、DropboxやEvernoteなどインターネット経由で情報が共有できるソフトであれば、同じようなことができるでしょう。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中