CSS Nite LP21フォローアップ(3)『欧文を扱う上での誤りやすい例』(コン トヨコさん)

120204_lp21_0385.jpg

2012年2月4日(土) 、エッサム神田で開催したCSS Nite LP, Disk 21「タイポグラフィ、組版、Web Fonts」のフォローアップとしてコン トヨコさんの『欧文を扱う上での誤りやすい例』のスライド、音声などを公開します。

ビデオ

フォローアップメッセージ

CSS Nite LP, Disk 21にご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。今回私のセッションでご紹介した、「欧文を扱う上で誤りやすい例」の10例は、プロの仕事らしく自然にみせるためには、どれもはずせない項目です。せっかく聞いていただいたセッションの内容を、仕事でも活かせるよう、チェックシートを作成しました。もし欧文を扱う仕事にかかわる機会がありましたら、このチェックシートで組版をチェックしてみてはいかがでしょうか?A4でプリントして、半分に切って使ってください。

アンケートで頂いた質問について、お答えいたします。

シングルプライム、ダブルプライムの入力方法

欧文フォントが必ずプライムを持っているとは限りません。実際ない場合のほうが多いです。似ていても実はアクセント記号だったりします。また、文字コードの違いなどがあるため、使われるフォントをイラストレーターなどの字形パネルで確認してください。ない場合は、UniversalSymbolフォントなどを1つ持っておくのもよいですが、私の場合、半角引用符をかたむけたり、サンセリフ系の引用符で代用することがあります。セッションでは「プライムは引用符ではありません」とお伝えしましたが、目的は「目を無意味に止めさせない、自然な流れ」を作ることですので、すぐ違うとわかってしまうセリフ形の引用符ではだめですが、サンセリフ系のくさび型の引用符で、気にならない自然なものを見つけておくのもよいと思います。

1st Mar. 2011-30th Nov. 2011

この日付表記の場合、Mar.と2011の間にはスペースが1つ入ります。また、2011と30thの間はEnダッシュです(前後スペースなし)。この日付表記の方法はイギリス英語の表記方法の1つです。アメリカ英語の場合は、Mar. 1, 2011-Nov. 30, 2011となります(他の表記もありますが)。カンマ、ピリオドのいずれの間も1スペースが入ります。

feet / inch以外でピリオドが必要な単位

ft.やin.のほかに、次のような単位の短縮形にはピリオドが入ります。ヤード=yd.  マイル=mi.

重さや量を表す単位では、オンス=oz.  パイント=pt.はピリオドがつきますが、グラム=g キログラム=kg はピリオドはつきません。(これらは「SI(国際単位系)」というルールに基づいています)

また、上記の距離や重さを示す単位は、3 yd.の場合もyd.でsはつきませんが、時の単位については、1より大きい数値の場合には、sが必要です。分=min. 秒=sec. 年=yr.a half yr.  1 yr.   3 yrs.

時間はh. または hr.と略すことができます。そして、hr. のときは 3 hrs.h.のときは 3 h.となります。ちょっとややこしいですね。

おすすめの本

私が解説していることは、すべてが私の頭に入っているわけではありません。もちろん欧米の編集者やデザイナーだってそうです。そのようなプロの人たちが活用しているのが、『TheChicago Manual of Style』です。私もいつも手元にこれを置いて、わからない時には逐一ひいて確認しています。英語で読むのはしんどいし、もっと初歩的なことから身に付けたい、という方には、1つめのセッションにご登壇された高岡昌生[著]『欧文組版─組版の基礎とマナー』と、小林章[著]『欧文書体─その背景と使い方』をお手元に置いておくとよいと思います。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中