CSS Nite LP47「Coder's High 2016」フォローアップ(2)森田 壮さん(Gaji-Labo)

2016年9月24日(土)TKPガーデンシティPREMIUM神保町で開催したCSS Nite LP47「Coder's High 2016」のフォローアップとして、森田 壮さん(Gaji-Labo)の『イマドキのコーダー環境構築』セッションのスライドなどを公開します。

セッション2「イマドキのコーダー環境構築」を担当した森田です。
長丁場、お疲れ様でした。

30分という短い時間の中で、環境の話を詰め込んだので、詳細まで説明しきれないところもありましたが、コーダーのイマドキの環境を知っていただけたら幸いです。
やること多くて大変ですよね。

ご質問

アンケートにいただきました、ご質問について回答します。

gulp-sassってLibSassなの?node-sassと同じもの?

gulp-sassは、node-sass を gulp で動かすものなので、中身は同じものです。LibSassです。
gulp では gulp-sass、単体や npm-script などで使う場合は node-sass を使います。
また、RubySass を動かしたい場合は、gulp-ruby-sass というパッケージがあります。

PostCSSを使う利点は結局何でしょうか?gulpでベンダープリフィックスとか出来るし…

CSS を処理するタスクランナーと思ってください。
gulp で使う場合、gulp の中で PostCSS を使います。
なので、gulp プラグインの一つとして特に意識する必要はありません。

ベンダープリフィックスとは Autoprefixer のことを指していると思いますが、gulp で Autoprefixer を使う場合、実はすでに PostCSS を使っています。
https://github.com/postcss/autoprefixer#usage

PostCSS は Sass のような事もできますが、現状は記述については Sass を使い、小山田さんが言われていた「Sassの補助ツール」として使うのが一番ベターかなと考えます。

SassがCSSのスタンダート(!?)とのことであせりました
Sassも使っていないので難しかった

ピュア CSS より Sass の方が多く使われているのは驚きですよね。
スライドは煽り気味に書いてしまいましたが、無理に使う必要はありません。可能なところから始めてみてください。

ブラウザで簡単にSassを試せるオンラインツールもあります。
SassMeister - http://www.sassmeister.com/

まだ実案件で使ったことがないので、最初に実案件で使うオススメありますか?

全てを使ったことがないという意味であれば、まずはSassを使ってみてください。そして、せっかくなのでgulpも一緒にどうでしょう?

セッションでも最後に紹介したサンプルファイルは、gulpでSassのコンパイルと、Autoprefixer(ベンダープリフィックス付与)ができます。
こちらを雛形に、gulpのプラグインを追加してみてはいかがでしょうか。

https://github.com/sou-lab/cssnite-lp47

オススメのgulpパッケージを紹介します

スライドで紹介したサイト

イントロ

Sass

PostCSS

gulp

Node.js

サンプルファイル

Shift10:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP49)

CSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」を3月11日に開催。1月20日までを「早割50」として、半額にて参加いただけます。