CSS Nite LP51「Reboot Dreamweaverフォローアップ(3)Brackets

2017年3月11日(土)にベルサール神田で開催したCSS Nite LP51「Reboot Dreamweaver」のフォローアップとして、酒井 優さん(WEBCRE8)の『Dreamweaverのコードエディター機能を進化させたBrackets』セッションのスライドなどを公開します。

メッセージと補足

セッション3「Dreamweaverのコードエディター機能を進化させたBrackets」を担当しました酒井優です。

Dreamweaverのエディター機能は基本的にはモダンエディターに追いついたと言っていいと思います。しかし、まだ動作の不安定な機能もあります。以前よりは追加のアップデートが期待できそうなので、今の時点で今ひとつだなと思われる部分については動向を見守っておくと良いかもしれません。イベント内で私が気になると言ったところはすでにいくつか対応が検討されているようでした。

今回イベントの参加者の方々にリアクションを聞いていると、やはりWeb制作に携わる人達の層の広さを感じました。Dreamweaverの機能をフルに活かせそうな職場環境の人、やはり単純なエディター機能だけを求めたい人、さらにこの間に案件によってまちまち、という人たちがいるわけです。Bracketsはそういった中間の人たち、純粋なエディター機能を求める人達の受け皿になるのではと考えています。

Bracketsは今のところ、リアルタイムプレビューなどを含む高機能なエディター機能を利用できる最も手軽なエディターです。また、一人でWeb制作全般の作業をこなす場合、Webデザインのアプリケーションとも相性がいいという点で他のモダンエディターとは一線を画す存在です。現在、私は特に初心者のWeb制作者にこのエディターを勧めています。他に手に馴染んだエディターがなければ是非Bracketsの利用を検討してみてください。

以下は私の記事と、公式の参考リンクです。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中