CSS Nite LP, Vol.2セッション紹介(1)効率的なアクセシビリティ 実践ワークフローのツボ

2006年12月08日開催予定「CSS Nite LP, Vol.2 Dreamweaver CC」のセッション内容をご紹介します。

株式会社インフォアクシアの植木 真さんには「効率的なアクセシビリティ 実践ワークフローのツボ」と題してお話しいただきます。

Dreamweaver 8から実装されたJIS X 8341-3対応のアクセシビリティ・チェック機能。この講演では、その使い方を中心に、JIS X 8341-3に対応したアクセシブルなWebコンテンツを制作するためのワークフローを解説します。

いざ実践しようとなると工数がかかるといわれているアクセシビリティ、ワークフローやツールの使い方を工夫することで、手間のかかる作業を効率化できる"ツボ" を分かりやすくご紹介します。

画像:2006年12月08日開催予定「CSS Nite LP, Vol.2 Dreamweaver CC」

植木 真さんプロフィール

写真:植木 真経歴:大手企業WebサイトのJIS X 8341-3対応をサポートするWebアクセシビリティ・コンサルタント。ユーザビリティ、Web標準、SEOなどの関連分野も含めて、サイト診断、ガイドライン作成、教育・研修などを行う。JIS X 8341-3策定作業に従事した後、W3C/WAI WCAGワーキンググループにも参画。

現在、財団法人日本規格協会の国際規格調査研究部会、普及・適合度調査研究部会にて、JIS X 8341-3の普及およびWCAG 2.0との国際協調を進めている。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中