Web JISの改訂版の概要をいち早くチェック。2010年2月のCSS Nite銀座版はアクセシビリティ特集

2010年2月18日(木)19:00?20:00、アップルストア銀座 3Fシアターにて開催するCSS Nite in Ginza, Vol.44はアクセシビリティ特集。

植木 真さん(インフォアクシア)を迎え、2010年に予定されているWeb JIS(JIS X8341-3)の改訂版について解説いただきます。

参加費は無料。現在、mixiコミュニティにて参加表明を受け付けています。当日枠もありますが、参加表明後、事前登録いただくと確実なご入場が可能です。

JIS X 8341-3 徹底比較 60分1本勝負
『2004年版』 vs 『2010年改定版』

早ければ2010年5-6月頃に公示される見込みの『JIS X 8341-3:2010』(2010年版)。『JIS X8341-3:2004』(2004年版)は、Webアクセシビリティという言葉を広め、その考え方を啓蒙・啓発する"指針"の役割を果たしてきました。改定される2010年版では、さらに試験や評価を可能にする"達成基準" を示すガイドラインへと進化します。

『JIS X 8341-3:2010』には、「WCAG 2.0との協調」をはじめ、「技術非依存」、「試験可能」、「依存する技術 /依存しない技術」、「アクセシビリティ・サポーテッド」、「ウェブアクセシビリティの達成等級(A、AA、AAA)」、「自己適合宣言」などのキーワードがあります。この講演では、それらのキーワードを紹介しながら、2004年版と比較して何がどのように変わるのかを解説していきます。

公示まではまだ少し時間がありますが、"備えあれば、憂いナシ"。今のうちから押さえておきたいポイントを共有して、ひと足早く『JIS X8341-3:2010』の全体像を正しく理解しておきましょう。

写真:植木さん 植木 真(うえき・まこと)

株式会社インフォアクシア
代表取締役。

診断・評価、ガイドライン作成、教育・研修、ツール開発などを通じて、主に企業サイトのWebサイトおよびWebアプリケーションのアクセシビリティ確保をコンサルティングしている。国内外のガイドライン策定にも従事しており、W3C/WAIのWCAGワーキンググループで「WCAG2.0」、財団法人日本規格協会 INSTAC(情報技術標準化研究センター)のワーキンググループで「JIS X8341-3」の改正原案作成に参画。

監修・翻訳・執筆した書籍に『Webアクセシビリティ~標準準拠でアクセシブルなサイトを構築/管理するための考え方と実践~』(毎日コミュニケーションズ)。
辻ちゃん・ウエちゃんのアクセシビリティPodcast」にも出演中。

11月16日にCSS Nite LP65「ブランディングという切り口は、ビジネスとしてのウェブ制作において福音となりうるのか?」を開催します。

ブランディングを突き詰めたら店舗デザインまで任されるようになったアンティー・ファクトリー、非常に多くの支援実績を誇るブランディングウェブ戦略研究家の草間 淳哉さん。制作だけでなく、ブランディングを事業戦略の一環として提案しているILY,。3セッションで少し長めで構成します。

CSS Nite LP65「ブランディング」

12月21日にCSS Nite Shift13「ウェブデザイン行く時代来る時代」を開催します。毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第13弾として、2019年のウェブ制作シーンを振り返ります。

Shift13:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP59)

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション