CSS Nite in Ginza, Vol.44フォローアップ&メッセージ

100218_0160.jpg

2010年2月18日、アップルストア銀座 3Fシアターで開催したCSS Nite in Ginza, Vol.44のフォローアップとして、『JIS X 8341-3 徹底比較 60分1本勝負「2004年版」 vs 「2010年改定版」』(植木 真さん/インフォアクシア)のセッションのスライドと音声をシェアします。

こちらのエントリーもご参照ください。

植木さんからのメッセージ

インフォアクシアの植木です。

先日は「CSS Nite in Ginza Vol.44」にご来場いただき、誠にありがとうございました。

今回のセッションは、「アクセシビリティ」というよりも、「JIS改正原案」にフォーカスしてお話しさせていただきました。

2004年版のJIS X 8341-3や今回の改正原案の内容をご存知ない方が意外と多かったようで、そういう方々にとっては、少し難しくて退屈だったかもしれません......。

100218_0131.jpg

JISの話になると、どうしてもテクニカルな内容の話に終始してしまいがちですが、「JIS改正原案」は個々の達成基準の話をする以前に、正しく理解しておいてほしいポイントがいくつもあります。

セッションのスライドを見ながら、改めて改正原案をご覧いただくと、お話しした10のポイントの理解がさらに深まると思います。特に、箇条6、箇条8、附属書Cあたりを読んでいただくことをオススメします(注:附属書Cは、公開レビュー後に附属書Aに変更になっています)。

※最終版ではないので、公示される際には変更になる箇所もあります。

2004年版のJIS X 8341-3をご存知の方は、附属書Eにある2004年版との比較表も参考にしてください。

とはいえ、原文のWCAG 2.0が難解なので、読みにくい日本語になってしまっていることは否めません。読み疲れてしまったら、気分転換にコーヒーでも飲みながら、映画「マトリックス・リローデッド」でも・・・

って、違うか!w

最後に、改正版の公示時期は、今のところは早くても5月から7月(ただ、もう少し先になりそうな気もしますが)。機会があれば、今回お話できなかった部分も含めて、じっくりとご紹介させていただければと思っています。

それでは、皆さんにまたお会いできる機会を楽しみにしています。

11月16日にCSS Nite LP65「ブランディングという切り口は、ビジネスとしてのウェブ制作において福音となりうるのか?」を開催します。

ブランディングを突き詰めたら店舗デザインまで任されるようになったアンティー・ファクトリー、非常に多くの支援実績を誇るブランディングウェブ戦略研究家の草間 淳哉さん。制作だけでなく、ブランディングを事業戦略の一環として提案しているILY,。3セッションで少し長めで構成します。

CSS Nite LP65「ブランディング」

12月21日にCSS Nite Shift13「ウェブデザイン行く時代来る時代」を開催します。毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第13弾として、2019年のウェブ制作シーンを振り返ります。

Shift13:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP59)

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション