CSS Nite LP58フォローアップ(9)木達 一仁さん

2018年9月29日に都内で開催したCSS Nite LP58「Coder’s High 2018」のフォローアップとして、の木達 一仁さん(ミツエーリンクス)『クロージングトーク 「UI開発者の生存戦略」』セッションのスライドなどを公開します。

メッセージ、補足など

アンケートにご記入いただいた感想すべてを、やや緊張しながら(なにせCSS Niteでは10年以上ぶりの登壇でしたので……)拝読させていただきました。「仕事のモチベーションが上がった」「コーディングを楽しんでいきたい」といった感想を複数いただき、イベント全体を締めくくる役目をある程度は果たせたのかなと、ホッとしています。

タイトルに含めた「生存戦略」……だいぶ堅苦しい印象の言葉ではありますが、要は技術の変化にどう向き合うべきかを提案したつもりです。UI開発者はともすると、学ぶべき技術の量やその変化に圧倒されそうになりますが、闇雲に焦る必要はありません。Webやその周辺がどう変化しようとしているか、表層的な流行り廃りに振り回されすぎることなく、大局を見定めたうえで、いつ何を学ぶべきか取捨選択しましょう。

そしてユーザーへのフォーカスについて。講演では「CSS in JS」を引き合いに、ユーザーという言葉をUI開発者自身という意味でお話ししましたが、開発されたUIを使う立場のユーザーについても同様です。ユーザーの課題をUI開発者が正しく認識できなければ、UIを改悪しかねません。だからこそユーザーにフォーカスし、解決すべき課題は何か、その課題解決に適した技術は何かを、都度考えることが重要です。

またいつか、10年後かもしれませんし来年かもしれませんが、ご縁がありましたらCSS Niteの場でお目にかかりたいと思います。改めて参加された皆様、そして鷹野さんはじめ運営側として尽力くださった皆様に、感謝申し上げます。ありがとうございました。

11月16日にCSS Nite LP65「ブランディングという切り口は、ビジネスとしてのウェブ制作において福音となりうるのか?」を開催します。

ブランディングを突き詰めたら店舗デザインまで任されるようになったアンティー・ファクトリー、非常に多くの支援実績を誇るブランディングウェブ戦略研究家の草間 淳哉さん。制作だけでなく、ブランディングを事業戦略の一環として提案しているILY,。3セッションで少し長めで構成します。

CSS Nite LP65「ブランディング」

12月21日にCSS Nite Shift13「ウェブデザイン行く時代来る時代」を開催します。毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第13弾として、2019年のウェブ制作シーンを振り返ります。

Shift13:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP59)

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション