CSS Nite LP33フォローアップ(3)上野 学さん(ソシオメディア)

2014年3月29日、ベルサール九段 イベントホールで開催したCSS Nite LP33「UI/UX」のフォローアップとして、上野 学さん(ソシオメディア)の『アプリケーションのイディオムデザイン』セッションのスライドなどをシェアします。

メッセージ

UXデザインの基本は、分析とデザインを反復的に行うことです。デザインには決まった答がなく、常に試行錯誤が必要だということです。

反復的デザインは、各フェーズ単位、プロジェクト単位、そしてより大きな事業やブランドといった単位でフラクタルに試みることが求められています。例えば、ウォーターフォールのプロセスにおいては、あらかじめ数回のプロトタイプ評価をスケジュールに組み込むとよいでしょう。アジャイルのプロセスにおいては、分析とデザインの反復はサービスのライフサイクルを通じて半永久的に継続することになるでしょう。

UXを向上させる活動とは、そういった考え方を組織や社会に広めることです。そのために皆さんは、個々の手法を実践しながら、この考え方をチームやクライアントに伝達していくことが大切だと思います。

『こんなプロジェクトはいやだ!』をいいね!にするカイゼン(2月27日[水])

栄前田 勝太郎さん(リズムタイプ)を講師に迎え、問題発見・解決のためのメソッドを伝え体験してもらい、それを持ち帰って自分の職場(プロジェクト/チーム)で実践できるようにする講義+ワークショップです。

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション