CSS Nite LP46「ビジュアル・ドリブンのデザイン」フォローアップ(6)原 一浩さん(グレーティブ)『Webデザイントレンド2016年(半期決算)』

2016年6月18日(土)ベルサール九段 イベントホール、7月16日(土)TKPガーデンシティPREMIUM神保町で開催したCSS Nite LP46「ビジュアル・ドリブンのデザイン」のフォローアップとして、原 一浩さん(グレーティブ)の『Webデザイントレンド2016年(半期決算)』のスライドなどを公開します。

メッセージ

Webデザイントレンド上半期2016を担当しました、グレーティブの原です

長時間のセッションお疲れさまでした。

上半期決算のお話をいただいたとき、上半期だとどの程度のトピックがあるのか不明でわからなかったのですが、じっくり数々のサイト見ていくと様々なかたちの課題解決を見ることができました。

いいもの(ここでいういいものの文脈は、デザイナーにとっていいもの、導入のコストパフォーマンスがいいもの、メリットがあるものを指します)は次々に真似され広がっていきます。

それがいいことかよくないことなのかは様々な見方がありますが、一つ言えることは、広まった先に生まれる新たな表現というのもあるんだなということです。

特に今回ローポリの先に展開されているノードやカレイドスコープと呼んでいる手法は過去のトレンドとの差別化を生み出し、少ない時間のトレンド寿命かもしれないけど多くの人にインスピレーションを与えているのでしょう。

ということで、今後も観測を続けていきますのでよろしくお願いします。

※ ローポリについて、懇親会にて「ボロノイ図」と呼ばれるものではないかとご指摘をいただきました。ありがとうございます。

※ 今日配布する資料ですが、インターネット上で公開されるのはNGですが、社内やプレゼンなどで抜粋したりしてお使いいただいて構いません。現状把握みたいなフェーズでお役立ていただければと思います。

2016年に開催されたCSS Nite関連の38イベントからベスト・セッションを選出しました。

毎年年末に開催している「Shift」シリーズの第11弾として、2017年のWeb制作シーンを振り返ります。現在、Facebookにて参加表明を受付中