Shift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP43)フォローアップ(5)鷹野 雅弘(スイッチ)、山本 麻美さん(グッドパッチ)、轟 啓介さん(アドビ システムズ)

2015年12月26日(土)、ソラシティホールで開催したShift9:Webデザイン行く年来る年(CSS Nite LP43)のフォローアップとして、鷹野 雅弘(スイッチ)、山本 麻美さん(グッドパッチ)、轟 啓介さん(アドビ システムズ)の『ツールと制作環境、フォント』セッションのスライドなどを公開します。

鷹野

私自身、Shiftは一番スキなイベントなのですが、いかんせん、長い。「今年は短めに」と思いつつも、どうしても縮めることができません。
ここ数年は、ほぼ同じフォーマット、同じ登壇者で進めてきましたが、10回記念の来年は、Shiftシリーズが「シフトする」回と考えています。

さて、私のセッションでは、フォントとツール分野を振り返りました。知っているだけで「早く終わる」「キレイに仕上がる」違いが生じるのであれば、それを知らないままいるのは損でしかありません。

テクニカルなレビューと、ワークフローの落とし込みについて、ある意味「代表として」調べてあげ、書籍や執筆、セミナーなどを通してお伝えしていますので、ぜひ、何かしらのカタチでフォローいただければ幸いです。

セッションのリンク先などは、下記にまとめました(ダウンロード期限があるものがありますのでご注意ください)。

フォローアップ

動画

Shift9[#5]ツールと制作環境、フォント from CSS Nite on Vimeo.

 

追記(2016年4月6日):

“字幕”入りのスライドを公開しました。

2015年のフォント総括/鷹野 雅弘(スイッチ) from swwwitch inc.

『こんなプロジェクトはいやだ!』をいいね!にするカイゼン(2月27日[水])

栄前田 勝太郎さん(リズムタイプ)を講師に迎え、問題発見・解決のためのメソッドを伝え体験してもらい、それを持ち帰って自分の職場(プロジェクト/チーム)で実践できるようにする講義+ワークショップです。

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション