CSS Nite LP57「All About XD」フォローアップ(3)佐藤 修さん

2018年4月28日(土)浅草橋ヒューリックホールで開催したCSS Nite LP57「All About XD」のフォローアップとして、佐藤 修(フラッグ)の『Webサイト制作における「デザイナーの制作ツールとしてのXD」その活用方法』セッションのスライドなどを公開します。

フォローアップメッセージは、イベント開催直後(2018年4月)の時点のものです。

フォローアップ

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

これまでPhotoshopやIllustratorを使っていた方、また初めて使う方にもわかりやすくなるよう、できるだけ比較や噛み砕きながら説明したつもりですが、いかがだったでしょう。少しでもXDへの理解が深まって頂けたら幸いです。

質問とその回答

質問「デザインが全体で時短化されるのが想像しにくい。直すのはやはくなるけど、ライブラリを使って時短化できるのか疑問」

XDで作業の時短化もできるですが、その時短化した分を「クライアントに納得してもらうための時間にあてる」などで、結果、出し戻しが減らせたりすることで、トータルの時短化に繋がったりします。レイアウトしたり、フォントを選んだりするだけがデザインの時間ではない(それだけが時短化ではない)ということだと思います。

また、CCライブラリについては、時短化の材料ではなく、XDの表現力を補うための技術だと思っていただければと思います。

質問「Photoshopで管理していた素材全てをXDに移行する事は可能か」

Photoshopのデータの作り方や、更新頻度などの案件の性質によってさまざまですね。

なので、一概に「移行可能」とはいえませんが、条件次第では移行できると思います。

質問「プレゼンテーションのスライドは、何のアプリケーションを使っていたか」

Keynoteになります。今回、初めて使いました。

質問「すでに個別に作ってしまったパーツを、あとからアセットにまとめることはできるか」

「カラー」や「文字スタイル」については、あとから登録しても支障ないと思いますが、「シンボル」に関しては、後からの登録が向いていないのが現状です。

ですので、ある程度テンプレート化したものを使って、プロジェクトを始めるのが良いと思います。

質問「パターンのPs/Aiへの展開方法が知りたい。/コーディングへの書き出し方法は」

リピートグリッドを解除すると個別のパーツとして選択できるので、こちらから展開するのが良いと思います。

質問「パターンをリピートグリッドで作ると重くなるが、解決方法は」

私の環境で重さを経験したことがないのでよくわからないでのすが、もしかしたら、リピートグリッドの内容(複雑さや画像数など)や、アートボードの数、もしくは、他の要因があるかもしれません。

質問「リピートグリッドの風車、三角形をコピペしてダブルクリックで回転すると全てが回転してしまって、菱形が作れない」

シンボルをダブルクリックしてしまうと「シンボルの編集モード」になってしまいます。そのため、オリジナルのシンボルを変更してしまっているので、全てが回転してしまっている状態です。

この場合、シンボルの回転方法は2つあります。

1つ目は、シンボルを選択後、右のパネル(整列、リピートグリッドの下)の角度の数字を変更する。

2つ目は、シンボルを選択後、グループ化します。すると、PhotoshopやIllustratorのバウンディングボックッスのように四つ角のポインターを使って回転することができます。この場合、後で不要なグループを解除する必要があります。

『こんなプロジェクトはいやだ!』をいいね!にするカイゼン(2月27日[水])

栄前田 勝太郎さん(リズムタイプ)を講師に迎え、問題発見・解決のためのメソッドを伝え体験してもらい、それを持ち帰って自分の職場(プロジェクト/チーム)で実践できるようにする講義+ワークショップです。

2018年、CSS Niteでは29回の関連イベントを通して125セッションが行われました。その中からベスト・セッション+αを選びました。

2010年から2018年のベスト・セッション